「暴徒は極左」偽情報にファクトチェック広がる 米メディア 、デマ拡散歯止めかける<米議会占拠>

2021年1月10日 19時18分

6日、米ワシントンの連邦議会議事堂に乱入したトランプ大統領の支持者らと話す警察官=ロイター・共同

 【ニューヨーク=杉藤貴浩】米連邦議会が一時占拠された事件で、侵入者らの身元や所属団体などについて、米主要メディアのファクトチェック(事実確認)が活発化している。「暴徒はトランプ大統領支持者ではなく変装した左翼勢力だった」などのデマがネット上で広まっており、偽情報の拡散に歯止めをかける狙いがある。

◆侵入者は極右陰謀論支持する「Qアノン信奉者だ」

 「顔をペイントして角をつけた男はアリゾナ州の有名なQアノン信奉者だ」。米紙USAトゥデー(電子版)は8日、特徴的な侵入者の写真とともに報じた。
 Qアノンは、トランプ氏を悪と戦う救世主として熱烈に支持する極右陰謀論。同紙があえて個人の身元や信条を特定したのは、会員制交流サイト(SNS)で、一部の侵入者が極左集団「アンティファ」のメンバーだったなどと伝わっているからだ。

◆議事妨害の責任を左翼勢力に転嫁狙う

 侵入者に関するこうした偽情報は、6日の事件直後から、トランプ支持者らの間で拡散していた。背景には、暴力で議事を妨害した責任を左翼勢力に転嫁したい狙いや願望があるとみられる。
 「角をつけた男」の場合、反人種差別デモに対抗するために現場を訪れた際の画像が「左翼集会に参加していた証拠」として利用された可能性が高いという。男は9日、不法侵入容疑などで逮捕された。

◆議員の発言など「根拠ない」と批判

 米紙ワシントン・ポストによると、複数の共和党下院議員もSNSや保守系テレビなどで「無政府主義者らが、この機会を利用して議会を破壊したのかもしれない」などと発言。各メディアは「根拠がない」と批判している。
 米連邦捜査局(FBI)当局者は、アンティファが暴動に関与した可能性について「それを示すものはない」と述べている。

関連キーワード

PR情報

国際の新着

記事一覧