<新型コロナ>成人式 中止、延期相次ぐ 新成人2万348人

2021年1月11日 07時08分
 栃木県教育委員会は、二〇二一年の県内の新成人の調査結果をまとめた。新成人は昨年に比べ四十九人少ない二万三百四十八人(昨年十一月末現在)。対象者は二〇〇〇年四月二日から〇一年四月一日生まれ。
 県教委によると、平成以降で最も少なかった一九年(二万三百二十九人)に次いで二番目に少ない。県内は一九九四年の三万五千百七十七人をピークに減少傾向が続いている。
 主に十日に式典を予定していた県内の多くの市町が中止や延期とした。
 大田原市は三日に「はたちの集い」を開催。同市教委によると、参加者は約65%の五百三十人で例年より一割ほど少なかったという。(小川直人)

関連キーワード

PR情報

栃木の新着

記事一覧