<新型コロナ>静岡県で2人死亡、53人感染 クラスター発生の富士市立中央病院で新たに2人、計147人に

2021年1月12日 08時04分
静岡県庁

静岡県庁

  • 静岡県庁
 静岡県内で十一日、新型コロナウイルス患者二人の死亡と、新規感染者五十三人の確認が発表された。死亡は計五十一人、感染は延べ三千四百十三人となった。
 県は三十八人の感染を発表。内訳は焼津市九人、沼津市八人、三島と富士市が各四人、御殿場市三人、磐田、富士宮市と長泉町が各二人、島田、掛川市と吉田、函南町が各一人。県東部が63%を占めた。県東部の病床使用率は71・2%で厳しい状態が続いている。
 クラスター(感染者集団)が起きた富士市立中央病院では新たに二人が感染し、関連は計百四十七人になった。
 静岡市はいずれも市内の病院に入院していた高齢の男女計二人の死亡と、十二人の新規感染を発表した。

関連キーワード

PR情報

静岡の新着

記事一覧