<新型コロナ>千葉県で415人感染 市川市の老人施設2か所、船橋市の進学塾でクラスター

2021年1月12日 21時34分

千葉県庁

 千葉県内では12日、新たに415人の新型コロナウイルスへの感染が確認された。また県は、新型コロナに感染していた居住地非公表の70代男性、白井市の90代以上の女性、鋸南町の70代女性の3人が死亡したと発表した。
 死亡した白井市の女性は特別養護老人ホーム「菊華園」の入居者、鋸南町の女性は国民健康保険鋸南病院の入院患者で、いずれの施設もクラスター(感染者集団)が発生していた。
 市川市では特別養護老人ホーム「市川あさひ荘」と介護老人保健施設「グレースケア市川」、船橋市では進学塾「Axel(アクセル)」で新たなクラスターが発生した。
 また国内で新型コロナのワクチン接種が始まるのを見据え、県は12日、新型コロナ対策本部内にワクチン接種体制整備班を設置した。国や市町村との連絡調整を図る「広域調整」、医療従事者への優先接種などに対応する「接種体制整備」など4グループで構成。現在は14人態勢で、今後増員する可能性がある。

関連キーワード

PR情報

千葉の新着

記事一覧