<新型コロナ>国の基準で静岡県内は「ステージ3」相当 県独自の警戒レベルは「5」に引き上げ

2021年1月13日 08時03分
 新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからないことを受け、静岡県は十二日、政府の分科会が示す感染状況の基準で、県内は上から二番目の「ステージ3(感染者急増)」相当と判断した。県独自の警戒レベルも上から二番目の「レベル5(特別警戒)」に引き上げた。川勝平太知事は会見で「極めて危機的な状況」と述べ、対応方針を十四日に発表すると述べた。
 県内では年明けから感染者が急増。九日には、新規感染者数が初めて百人を超え、十日には最多の百二十七人となった。
 県によると、一週間の人口十万人当たりの新規感染者数や病床使用率など、国の六指標のうち、四つで「ステージ3」の基準を超えた。感染状況を諮問した県の専門家会議では、「ステージ3」相当にするべきとの意見で全員一致した。
 今後の対応方針について、川勝知事は「移動が感染の原因になるので、外出の自粛が中心になる」と指摘。飲食店については「家族以外の会食をすることになりかねないので、注意喚起をすることは考えている」と話した。 (高橋貴仁)

関連キーワード

PR情報

静岡の新着

記事一覧