交番襲撃2人殺害で元自衛官黙秘 富山、弁護側は強盗殺人罪を否定

2021年1月14日 11時09分 (共同通信)
 富山交番襲撃事件の初公判が開かれた富山地裁の法廷=14日午前(代表撮影)

 富山交番襲撃事件の初公判が開かれた富山地裁の法廷=14日午前(代表撮影)

  •  富山交番襲撃事件の初公判が開かれた富山地裁の法廷=14日午前(代表撮影)
 富山市の交番で18年6月、警察官が刺殺され、奪われた拳銃で警備員が射殺された事件で、強盗殺人や殺人などの罪に問われた元陸上自衛官島津慧大被告(24)の裁判員裁判初公判が14日、富山地裁で開かれた。被告は人定質問や起訴内容の認否について黙秘した。
 被告の弁護側は「拳銃を奪おうとする意思は殺害行為の後に生じた」として警察官への強盗殺人罪の成立を否定し、警備員への殺人罪などについては起訴内容を認めた。
 これまでに検察側と弁護側それぞれの求めで、計2度の精神鑑定が行われており、刑事責任能力の有無や程度が争点になるとみられる。

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧