<新型コロナ>埼玉県では新たに455人感染、1人が死亡 同じ部活の高校生ら9人

2021年1月14日 21時23分

埼玉県庁

 埼玉県内では14日、新型コロナウイルスの新たな感染者455人と、80代の女性1人の死亡が発表された。
 県によると、クラスター(感染者集団)が発生した戸田中央総合病院(戸田市)で医療従事者2人の感染が分かり、同病院の感染者は計249人となった。新たに2カ所の高齢者施設でも各5人の感染が分かった。
 さいたま市は大宮区の繁華街「南銀」地区のキャバクラ「LoveTrip(ラブトリップ)」で、20代の女性従業員2人の感染が確認されたと発表した。感染者は計5人で市はクラスターと認定した。市保健所は4日以降の来店者に連絡を呼び掛けている。市立病院のコロナ病棟に勤務する40代の女性看護師の感染も判明した。
 埼玉東部消防組合は、宮代消防署に勤務する50代の男性消防職員の感染を発表した。同僚の一部が自宅待機となるため、災害出動に支障がないよう他の消防署などから応援を出す。
 これらとは別に、県教育局は県立川口高校の同じ部活動の生徒8人と顧問の教職員1人の感染を発表した。県立学校の部活動は原則中止となっているが、公式戦に出場する場合は一定期間の活動が認められている。

関連キーワード

PR情報

埼玉の新着

記事一覧