公立高の入試、ネットに合否 県教委が初掲載<神奈川>

2021年1月15日 07時06分
 神奈川県教育委員会は、三月一日に発表する公立高校の二〇二一年度共通選抜の合否について、受験生がインターネットの専用サイトで閲覧できるようにすると発表した。密集を避けて新型コロナウイルス感染防止を図る目的。合否をネットに掲載するのは初めて。
 二月に行われる入試当日にサイトを閲覧するためのIDとパスワードを受験生に手渡す。サイトを閲覧できるのは三月一日午前九時〜翌二日午後六時。インターネットを閲覧できない人もいるとして、従来通り受験した高校の窓口で合否通知を受け取ることもできる(全日制は一日午前十時〜正午と、午後一〜三時)。
 合格者は高校が指定した時間に窓口に出向き、入学に必要な書類を受け取る。
 二〇年度共通選抜では、窓口数を増やして感染防止を図った。 (志村彰太)

関連キーワード


おすすめ情報