<新型コロナ>静岡県で110人の感染確認、過去最多の4人死亡 障害者施設でのクラスターも

2021年1月15日 07時12分
静岡県庁

静岡県庁

  • 静岡県庁
 静岡県内で十四日、新型コロナウイルスに感染した四人の死亡と百十人の感染が確認された。一日の死者数では過去最多、感染者数は三番目の多さだった。死者は計五十九人、感染確認は延べ三千六百五十四人になった。
 県発表分は十四市三町で七十七人。うち県東部は伊東市十二人、沼津市八人、御殿場市七人、伊豆の国市六人、熱海市五人、富士市四人、三島市三人、小山、長泉町で各二人、富士宮市と東伊豆町で各一人。
 新たなクラスターも発生。伊東市の障害者支援施設で、利用者と職員計五人が陽性になり、県は六十二件目のクラスターに認定。同市の重度障害者デイサービスも二人の感染が分かり、累計十五人となった。富士市立中央病院は一人が感染し累計で百五十三人。
 県立静岡がんセンター(長泉町)は、看護師一人の感染を発表した。

関連キーワード

PR情報

静岡の新着

記事一覧