<新型コロナ>千葉県で504人感染、2日連続の過去最多 東金市長ら

2021年1月15日 19時51分
千葉県庁

千葉県庁

 千葉県内では15日、新たに504人の新型コロナウイルスへの感染が確認された。14日の488人を上回り、2日連続で過去最多を更新。初めて500人台となった。
 また県は、新型コロナに感染していた居住地非公表の80代男性、袖ケ浦市の70代男性、白井市の90代以上の女性が死亡したと発表した。袖ケ浦市の男性は「袖ケ浦さつき台病院」の入院患者、白井市の女性は特別養護老人ホーム「菊華園」の入居者で、いずれの施設もクラスター(感染者集団)が発生していた。
 東金市は15日、鹿間陸郎市長(70)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。発熱の症状があり、12日にPCRを検査を受けて一度は陰性が確認されたが、15日に再検査をしたところ陽性が判明した。現在症状はなく、公務における濃厚接触者は調査中。

関連キーワード

PR情報

千葉の新着

記事一覧