<新型コロナ>神奈川県で737人感染 横浜市の長津田厚生総合病院でクラスター

2021年1月19日 19時36分
神奈川県庁

神奈川県庁

  • 神奈川県庁
 神奈川県内で19日、新型コロナウイルスに感染した8人の死亡と、737人の感染が明らかになった。感染経路不明は390人。県や、横浜、川崎など6市の保健当局が発表した。
 横浜市は60~90代の女性3人の死亡と、282人の感染を発表した。死者は全員が感染経路不明。新規感染者のうち3人は長津田厚生総合病院(緑区)の患者や職員。感染者が計6人となりクラスター(感染者集団)と認定した。済生会横浜市南部病院(港南区)で新たに4人が感染し、クラスターは計24人になった。
 藤沢市は70代と80代の男性2人の死亡を発表した。ともに昨年12月下旬に感染が分かり、1月16日と18日に死亡した。新規感染者は48人。うち市内の高齢者施設で5人目の感染が確認された。市外で受診して感染が判明した入所者もいるといい、クラスターとして調べている。
 川崎市は幸区の80代男性の死亡を発表した。男性はクラスターが起きた市南部の病院に入院中の12月25日に発熱し検査で陽性が判明。1月8日に転院先の病院で死亡が確認された。
 また未就学児から90代までの男女142人の感染を発表した。多摩区の有料老人ホームで60~90代の入居者18人と介護士ら4人の計22人の感染が分かり、クラスターと認定された。幸区の有料老人ホームでも70~90代の入居者9人の陽性が判明。これまでに判明した1人と合わせ計10人のクラスターと確認された。保健当局の発表には含まれないが、プレシャススターズ保育園小倉園(幸区)で女性職員が陽性となり19日から当面休園する。
 相模原市は80代男性の死亡と34人の感染を発表した。死亡した男性はクラスターが発生した南区の高齢者グループホームの入所者。12月26日に感染が分かり、入院していた。
 茅ケ崎市は90代女性の死亡と24人の感染を発表した。死亡した女性はクラスターが発生した高齢者施設の利用者で、昨年12月28日に感染が確認された。
 県は182人の感染を発表。いずれもクラスターが発生した介護老人保健施設「メイプル」(綾瀬市)、オアシス湘南病院(海老名市)、綾瀬市の社会福祉施設でそれぞれ職員1人が感染し、クラスターは56人、79人、6人になった。
 横須賀市は25人の感染を発表した。市立うわまち病院の5階病棟で入院する80代女性の感染が新たに分かり、クラスターは計11人となった。40代の男性看護助手は同病院の感染症病棟で勤務。このほか40代男性と50代女性は米海軍横須賀基地の従業員で、20代男性は市内の部隊で勤務する海上自衛隊員。

PR情報

神奈川の新着

記事一覧