不妊治療の保険適用拡大 患者の声十分か 厚労省が意見交換会 本紙記者も出席

2021年1月20日 06時00分
オンラインで行われた厚労省の不妊治療経験者らとの意見交換会=東京・霞ケ関で

オンラインで行われた厚労省の不妊治療経験者らとの意見交換会=東京・霞ケ関で

  • オンラインで行われた厚労省の不妊治療経験者らとの意見交換会=東京・霞ケ関で
 厚生労働省は19日、不妊治療の公的医療保険適用拡大に向け、経験者や支援団体などとの意見交換会をオンラインで開いた。本紙の川田篤志記者(39)も経験者として出席し、男性不妊に関する自身の経験や問題意識について説明した。
 川田記者は2018年に夫婦で検査を受け、自身に不妊の原因が確認された。自らの経験に基づき「不妊の原因の半分は男性側に起因する。多くの男性に自分のことと捉えてもらうような情報発信をお願いしたい」と要望した。
 他の出席者からは、不妊治療を中断すること、初めから子どもを持たない、といった選択肢も尊重される社会に向けた環境整備や、治療を決断する基準となる情報提供が必要との指摘が出た。
 三原じゅん子厚労副大臣は「さまざまな視点の話を聴けて大変参考になった。引き続き当事者から話を聴くことに努めていきたい」と強調した。
 意見交換会は26日にも開かれる。同省担当者は「(菅義偉首相の)トップダウンだったため、当事者の声を聴く機会がなかなか持てなかった」として、会の目的は不妊を巡る問題の全体像を把握することだと説明している。(中根政人)

関連キーワード

PR情報

政治の新着

記事一覧