<新型コロナ>千葉県で初、自宅療養中の患者が死亡 基礎疾患ありも…「入院の優先度低い」と判断

2021年1月20日 19時01分
千葉県庁

千葉県庁

 千葉県は20日、新型コロナウイルスに感染して自宅療養中だった居住地・性別非公表の60歳未満の患者が死亡したと発表した。自宅療養中の死者は県内で初めて。
 県によると、患者は今月11日に38度の発熱などの症状があり、抗原検査を受けて陽性が判明。循環器系に基礎疾患があり、16日に症状が悪化したため、保健所が入院調整をしたが、年齢や症状を考慮した上で優先順位は低いと判断して自宅療養を継続した。今月18日になって容体が急変し、搬送先の病院で死亡が確認された。
 県の担当者は「保健所は最大限の対応をしたと認識している」と話した。森田健作知事は「入院が必要な方が速やかに入院できるよう取り組む」とコメントした。

関連キーワード

PR情報