<新型コロナ>茨城県で新たに85人、感染者4000人を突破 日立市の工場でクラスターか

2021年1月20日 19時47分
茨城県庁

茨城県庁

  • 茨城県庁
 茨城県と水戸市は20日、新型コロナウイルスに新たに85人が感染したと発表した。県内の感染者は4000人を突破し、計4026人になった。
 居住地の内訳は、水戸、日立市各10人、土浦市9人、つくばみらい、つくば市各7人、高萩市4人など。
 県内最大規模のクラスター(感染者集団)が発生した美浦村の特別養護老人ホーム「みほ」では、男性職員の感染が分かり、感染者は計91人になった。
 院内でクラスターが発生した可能性があるつくば市の病院では、新たに患者1人と医療従事者3人の感染が判明。感染者は計12人になった。
 日立市の工場では、従業員2人の感染が判明した。19日までに公表している5人を合わせて計7人となり、県は「クラスター発生は否定できない」とした。
 水戸市内の医療機関に勤める市内在住の30代女性の感染も判明。女性は医療技術者だが、具体的な勤務先は非公表。多くの感染者が出ている水戸赤十字病院ではないという。
 県と水戸市は92人が退院するなどしたと発表。退院者などは計3064人になった。(保坂千裕、出来田敬司)

関連キーワード

PR情報

茨城の新着

記事一覧