放置自転車提供で親善の証し 港区へカンボジアから勲章

2021年1月22日 07時16分

港区からカンボジアに贈られた放置自転車

 発展途上国に放置自転車を無償提供している港区に対し、カンボジアから友好親善の証しとして勲章と感謝状が贈られた。
 区によると、区内で撤去される放置自転車は年間で六千台近くあり、このうち三千台程度は引き取りがない。このため、リサイクルと海外貢献を兼ねて二〇一六年度から引き取られない自転車を再整備。公益財団法人の自転車駐車場整備センターを通じ、発展途上国に贈っている。
 これまでにカンボジア、タイ、フィリピン、スリランカのアジア四カ国に約二千二百台を提供した。
 送り先はカンボジアが最多で約半数を占める。現地では子どもたちに贈られ、通学手段として使われているという。 (宮本隆康)

カンボジアから区に届いた勲章=いずれも区提供


関連キーワード


おすすめ情報

東京の新着

記事一覧