<新型コロナ>群馬県が飲食店などの時短営業を8日まで延長 前橋、高崎など9市町

2021年1月22日 07時45分
新型コロナウイルス(NIAID提供)

新型コロナウイルス(NIAID提供)

  • 新型コロナウイルス(NIAID提供)
 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、群馬県は前橋や高崎など九市町で酒類を提供する飲食店などに求めている二十五日までの営業時間短縮の期間を、二月八日まで延長すると発表した。山本一太知事が二十一日の定例記者会見で表明した。
 対象は前橋、高崎、桐生、伊勢崎、太田、館林、みどり市と、大泉、邑楽町にあり、接待を伴ったり酒類を提供したりする飲食店とカラオケ店。県は午後七時以降の酒の提供自粛と同八時までの営業時間短縮を求めている。
 県は二十六日〜二月八日の十四日間に時短営業すると、一店舗当たり協力金五十六万円を支給する予定。支給のため、山本知事は二十一日、六十億一千四百万円を増額する二〇二〇年度一般会計補正予算を専決処分した。 (池田知之)

関連キーワード

PR情報

群馬の新着

記事一覧