ワクチン接種「手順や優先順位を分かりやすく説明」と菅首相 パルスオキシメーターの購入支援も

2021年1月22日 21時03分
22日、参院本会議の代表質問で答弁する菅首相

22日、参院本会議の代表質問で答弁する菅首相

  • 22日、参院本会議の代表質問で答弁する菅首相
 菅義偉首相は22日の参院本会議での各党代表質問で、地方自治体が担う新型コロナウイルスのワクチン接種の体制整備について「自治体とも連携し、手順や優先順位など国民に分かりやすく説明しながら準備を進める」と語った。接種状況などを管理するシステムを構築し、接種を進めていく方針を示した。
 新型コロナ感染者を受け入れる医療機関を対象とした交付金について「執行にかなりの時間を要したのは問題だ」と、支給の遅れを認めた。
 新型コロナ特措法に基づく都道府県知事から医療機関への患者受け入れ要請に関しては「極めて緊急性の高い状況が想定される」として、抑制的に運用する考えを示した。「まずは感染症法などその他の規定を活用し、協力要請をしてもらいたい」と話した。
 自宅療養や宿泊療養をする患者に対し、血液中の酸素濃度を計測する「パルスオキシメーター」の活用を呼び掛け、機器の購入費用を支援していく考えも示した。(村上一樹)

関連キーワード

PR情報

政治の新着

記事一覧