<新型コロナ>東京都の感染経路調査「高リスク」集団優先に 「経路不明」割合の上昇も

2021年1月22日 22時41分
 新型コロナウイルス感染者の急増で保健所の業務負担が深刻化していることを受け、東京都は22日、都内の保健所に対し、感染経路や濃厚接触者を調べる「積極的疫学調査」の対象を絞り、重症化リスクの高い人が多い施設や集団を優先するよう通知した。
 優先の対象は、高齢者や基礎疾患のある人、医療機関、高齢者施設、障害者施設、特別支援学校など。これ以外は「医師の総合的判断」に委ねる。
 今後この通知により、感染経路の判明者が少なくなり、都が毎日発表している新規感染者数のうち、「感染経路不明者」の割合が上昇する可能性もある。都は通知内容の実施期間について「新規感染者数が300~500人程度まで減少したり、医療提供体制の負荷が緩和された場合に、総合的に判断する」としている。(小倉貞俊)

関連キーワード

PR情報

新型コロナの新着

記事一覧