モップの柄を足の間に挟んで正座…虐待の一部を認め謝罪 熊谷の児童養護施設

2021年1月23日 11時11分

虐待があったと認め、謝罪する新木理事長(中)=県庁で

 埼玉県北部の児童養護施設内で幹部職員が繰り返し虐待をしていたとして、元入所者の男性(22)が県に通告した問題で、施設側が二十二日、県庁で記者会見し、モップの柄を足の間に挟んで正座させる虐待が七年ほど前にあったと認め、謝罪した。男性が訴えている他の虐待行為についても調査するとしている。
 施設は熊谷市の「雀幸(じゃくこう)園」。昨年十二月に通告した男性は副園長に突き飛ばされて額に傷を負ったほか、複数の子どもが暴力を振るわれるのを見たと主張。別の元入所者も本紙の取材に、首を絞められたり食事を抜かれたりしたと証言している。
 会見した施設側によると、二〇一八年にも虐待の通告があり、県の指導で第三者調査委員会を設置。当時はモップを挟んだ正座が虐待として認定された。副園長は役職を解かれ、現在は子どもとは接しない事務部門で働いている。
 今回の通告については、施設の代理人弁護士が職員や元入所者らに聞き取り調査を進め、必要であれば再び第三者委を設けて報告書をまとめると説明。当時の副園長は現段階で「(正座以外の虐待は)やっていないと思われる」との認識を示しているが、今後詳細を確認するという。
 施設の新木裕信理事長は「虐待の事実が確認されたことは大変申し訳ない。機会があれば、(通告者)本人に直接謝罪したい」と陳謝。一方で「虐待が日常茶飯事のようにあったとは思っていない」とも述べた。 (近藤統義)

関連キーワード

PR情報

埼玉の新着

記事一覧