小学生ラグビー 初の全国大会へ 熊谷のチームが市長を訪問「旋風巻き起こす」

2021年1月23日 07時32分

全国大会での活躍を誓う「熊谷ラグビースクール」の選手ら=熊谷市役所で

 小学生ラグビーチームの全国大会「リポビタンヒーローズカップ」に初出場する「熊谷ラグビースクール」の選手らが市役所に富岡清市長らを表敬訪問し、大舞台での活躍を誓った。
 荒井美守(よしもり)主将(妻沼小六年)は「ワンチームとなって全力で戦う。ラグビータウン熊谷を全国にアピールし、熊谷旋風を巻き起こしたい」と意気込んだ。橋本圭介コーチによると、今年は守りの強いチームだという。富岡市長は「健康に気をつけて頑張ってきてください」と激励した。
 大会には全国の計十六チームが参加予定。今月三十、三十一日に横浜市の日産スタジアムで開催予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大を受けて延期となり、新たな日程を検討している。 (渡部穣)

関連キーワード

PR情報

埼玉の新着

記事一覧