<新型コロナ>茨城県で新たに132人が感染 クラスター発生のつくば市の病院で新たに5人

2021年1月23日 20時36分
茨城県庁

茨城県庁

  • 茨城県庁
 茨城県は23日、新型コロナウイルスに感染し高齢者施設で療養していた90代女性2人と、心肺停止で救急搬送され陽性と確認された80代男性が死亡したと発表した。男性の死因は新型コロナ感染症とは別疾患という。県内の死者は計51人になった。
 また県と水戸市は、死亡した男性を含め、新たに132人の感染を発表。県内の感染者は計4319人になった。
 居住地の内訳は、水戸市15人、下妻市13人、坂東市12人、日立市9人、つくば市8人、守谷、笠間市7人、古河市6人など。
 クラスターが発生したつくば市の病院では、入院患者や医療従事者5人が新たに感染し、関連する感染者は計19人になった。
 また、県内の飲食店で1月中旬に開かれた会食の参加者9人のうち8人の感染が判明している。職場の同僚などで、日常生活での接触も多いとみられる。
 水戸市の児童福祉施設でも、これまでに児童ら6人の感染が判明している。
 県畜産センター養豚研究所(稲敷市)の50代男性職員の感染も判明した。
 県と水戸市は89人が退院するなどしたと発表。退院者などは計3304人になった。(宮尾幹成)

関連キーワード

PR情報

茨城の新着

記事一覧