時津風親方が初場所中にマージャン店へ 昨年のゴルフに続き…2度目のコロナガイドライン違反で厳罰も

2021年1月27日 10時01分
時津風親方(共同)

時津風親方(共同)

 大相撲の時津風親方(47)=元幕内時津海、本名坂本正博、長崎県出身=が24日に千秋楽を迎えた初場所中にマージャン店に行くなど、新型コロナウイルス対策のガイドライン違反をしていたことが27日、関係者の話で分かった。日本相撲協会は今後の理事会で処分を決める方針。
 同親方は昨年、不要不急の外出を禁じられた期間にゴルフなどのガイドライン違反を犯し、秋場所後に委員から年寄へ2階級降格処分となった。2度目の違反でさらに厳罰となる可能性がある。時津風親方は大関正代関、幕内豊山関らが所属する時津風部屋の師匠を務める。
 PCR検査の実施など感染予防策を講じた初場所では、感染者や濃厚接触の可能性がある65人の力士が全休となる中で、全15日間を完遂した。 (共同)

PR情報

スポーツの新着

記事一覧