中核派トップが会見 渋谷暴動「必要な闘争だった」 半世紀ぶり表舞台、警察は活発化を警戒

2021年1月27日 21時33分
記者会見する中核派の清水丈夫議長=27日、東京都千代田区の日比谷図書文化館で

記者会見する中核派の清水丈夫議長=27日、東京都千代田区の日比谷図書文化館で

 約半世紀にわたる潜伏生活から昨年9月に姿を現した過激派「中核派」最高指導者の清水丈夫議長(83)が27日、東京都内で会見した。公の場で活動する方針に転じた理由を「資本主義をぶっ倒すために闘わなければならない。全労働者階級人民に訴えようと思った」と述べた。警察は活動の活発化を警戒する。
 中核派は1963年、「革マル派」と分裂して発足し、安保闘争や成田空港反対運動を展開。多くのテロ、ゲリラを実行し、71年に警察官が殺害された「渋谷暴動事件」を起こした。清水氏は会見で、渋谷暴動事件を「安保・沖縄闘争の発展の中でどうしても必要な闘争だった」と振り返り、人命が失われたことは「階級闘争だから仕方ない」と述べた。
 清水氏は69年に潜伏生活を開始。75年に本多延嘉書記長が革マル派に殺害された後、指導的立場になったとされ、97年に議長に選ばれた。昨年9月、都内の中核派の集会に登場。近年の指導方針は誤りだったと自己批判し、今後は公然活動に取り組むと発言した。27日の会見で潜伏中の詳細は明かさなかったが、「非常に多くの人の援助があった」と語った。
 清水氏が表舞台へ登場した理由を警察は「組織の引き締め」とみる。近年、執行部と地方組織の意見対立が明らかになっていた。警察庁によると、中核派の勢力は現在、全国で約4700人。2017年に動画投稿サイト「ユーチューブ」にチャンネルを開設するなど若者の取り込みを図っており、警察は「引き続き警戒を続ける」とする。
 中核派元幹部の60代の男性は「過去の私も批判されるべきだが、組織として何をしたか語らなければならないのに、耳障りのいいことだけを言っている。解党と検証なくして前進はない」と会見を批判した。(佐藤大)

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧