<食べて応援!>神田江戸ッ子寿司 本格派の味 気軽に

2021年1月28日 07時24分

新ランチを手にする大塚健人店長=千代田区で

 「今日のイチオシ一貫です!」「今年、初入荷」
 神田駅周辺ですし店四店、回転ずし店二店を営む創業六十四年の老舗「神田江戸ッ子寿司(ずし)」は、若手の職人らが、毎朝仕入れた新鮮な旬のネタやお薦めの一品を、インスタグラムなど会員制交流サイト(SNS)で情報発信している。
 社長の蓜島(はいじま)秀雄さん(68)と長男で三代目の大季さん(31)を中心に、コロナ危機を乗り切ろうと従業員が心を一つにする。「感動と満足を売る」を掲げ、神田のサラリーマンから女性客、家族連れまで、気軽に本格江戸前ずしを味わえる店として愛されている。
 「回転寿司 江戸ッ子神田」の大塚健人店長(35)は、「生のものをおいしいうちに」と、タッチパネルの内容を日に五、六回更新。関サバ、牡丹(ぼたん)エビなど、よりすぐりのネタや日替わりセットを提供している。
 全店で消毒など感染予防を徹底。テークアウトが人気で、出前は当日三時間前まで受け付ける。エリアは千代田区、中央区近辺で、応相談。 (長竹祐子)
 千代田区内神田2の16の8。電03(3258)6589(事務所、出前受付)。最寄りはJR・東京メトロ神田駅。緊急事態宣言中は「神田中店」と「回転寿司江戸ッ子神田」の2店が午前11時から午後8時まで、無休で営業している。

関連キーワード

PR情報

東京の新着

記事一覧