<華宝塚>感情豊かに心込めて 天彩峰里(宙組) 

2021年1月28日 07時22分
 宙組公演「アナスタシア」(二月二十一日まで、東京宝塚劇場)で、少女時代のアナスタシアを演じている。ロシア革命で殺害された皇帝一家のうち、末娘アナスタシアだけが生き残ったという「アナスタシア伝説」を基につくられた同名の米アニメ映画やミュージカルは人気を博したが、その宝塚版。家族、愛、人としての成長などが描かれる。
 祖母のマリア皇太后(寿つかさ)と語らう幕開きからの登場で、「幸せが描かれている場面で出させていただいています。皇太后や両親との関係性をより濃く、丁寧に演じたい」と話す。ロマノフ朝終焉(しゅうえん)前の輝きを表す場面だけに「お客さまに温かい気持ちになっていただけたら」。青年ディミトリ(真風涼帆(まかぜすずほ))、アナスタシアに似た娘アーニャ(星風まどか)を軸に夢と冒険の物語が繰り広げられるが、「心温まるストーリーが作品の魅力」と語る。
 小学生の時に「ベルサイユのばら」を観劇し、「とにかく華やかで夢のような」宝塚の舞台に魅了され、「こんな世界があるんだ」と大感激。「あの光景は今も忘れられません」と声を弾ませる。
 入団から七年、新人公演やバウホール公演でヒロインを務めてきた実力派。「作品ごとに壁が立ちはだかりますが、真っすぐに体当たりして力強く前に進みたい」と舞台と向き合う。「感情豊かに、心を大切にしたいです」 (山岸利行)

●● 三つの質問 ●●

 (1)無人島に何かひとつだけ持っていくとしたら?
 −(入団が一緒の)同期生を連れていきたい。モノなら、浄水器。水は大切です。
 (2)「幸せだなあ」と感じるときは?
 −公演させていただくこと自体が本当に幸せです。プライベートでは、ベッドに入る瞬間。
 (3)1週間休みがあったら何をしますか?
 −韓国に行ってみたい。(昨年のステイホーム期間中)韓国のドラマやミュージカルをよく見ていたので、興味があります。
 ※4月22日〜5月3日、兵庫・宝塚バウホールでの宙組公演「夢千鳥」に出演予定。
 ※新型コロナウイルス感染防止対策を徹底して上演しています。
<あまいろ・みねり>
 (1)出身地=兵庫県宝塚市
 (2)出身校=市立御殿山中学
 (3)入団年=2014年
 (4)愛称=じゅり、みねり
 (5)趣味=散歩、映画鑑賞
 (6)特技=新体操、琴

関連キーワード

PR情報

芸能の新着

記事一覧