「埼玉を熱くしたい」 元ヤクルト・佐藤由規投手 独立リーグのヒートベアーズ入団会見

2021年1月29日 07時35分

ヒートベアーズのユニフォームに袖を通して笑顔の佐藤選手=熊谷市で

 プロ野球の東京ヤクルトスワローズなどで活躍し、独立リーグのBCリーグ埼玉武蔵ヒートベアーズ入りした佐藤由規(よしのり)投手(31)が二十八日、熊谷市内で入団会見し、「圧倒的なパフォーマンスをお見せしたい」と意気込みを語った。
 宮城・仙台育英高時代から速球派右腕として注目された佐藤投手。ヤクルト入団後は「由規」の登録名で活躍し、二〇一〇年には日本選手として初めて球速一六〇キロ以上を記録した。近年は右肩のけがの影響もあって不振が続き、昨季限りで移籍先の東北楽天ゴールデンイーグルスを戦力外になった。
 それでも注目度は高く、この日の会見には報道陣約四十人が出席。佐藤投手は、プロ野球への復帰という目標のためにも埼玉での活躍を誓い、角晃多監督は「力を発揮してくれれば、必然的にチームの力にもなってくれる」と期待した。
 戸田市にヤクルトの選手寮があり、埼玉ともゆかりがある佐藤投手。熊谷については「とにかく暑いというイメージ」といい、「チームに貢献できるよう頑張り、埼玉を熱くしていきたい」と話した。
 BCリーグは四月開幕の予定。 (渡部穣)

関連キーワード

PR情報

埼玉の新着

記事一覧