元横綱・栃ノ海死去 82歳

2021年1月30日 07時09分
 大相撲の第四十九代横綱栃ノ海の花田茂広(はなだしげひろ)さんが二十九日未明、誤嚥(ごえん)性肺炎のために死去した。八十二歳。青森県出身。葬儀・告別式は家族葬で営まれる。存命中の横綱経験者で最高齢だった。歴代横綱の中でも、八十二歳十カ月での死去は、明治中期の初代梅ケ谷の八十三歳に次いで二番目の長寿。
 一九五五年秋場所で初土俵を踏み、六〇年春場所に新入幕を果たした。一八〇センチ未満と小柄ながら、巧みな前さばきや速攻で技能派として活躍し、六四年春場所で横綱に昇進。大鵬、柏戸の両横綱としのぎを削った。優勝三回。敢闘賞一回、技能賞六回。椎間板ヘルニアなどに苦しみながら最高位を十七場所務め、六六年九州場所限りで引退した。
 九〇年に先々代春日野親方の元横綱栃錦の死去に伴い、春日野部屋を継承。関脇栃乃洋らを育てた。二〇〇三年に日本相撲協会を定年退職。協会では理事に就き、巡業部長を務めた。

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧