<新型コロナ>自宅療養者の自動応答電話に不具合…神奈川県、375人の安否確認できず

2021年1月30日 12時21分
神奈川県庁

神奈川県庁

 新型コロナウイルスに感染した自宅療養者の安否確認のための神奈川県による自動応答電話が、二十六日午前にシステム障害で架電できなかった問題で、県は二十九日の県議会厚生常任委員会で、対象者九百十二人のうち三百七十五人は職員による電話もせず、システム復旧まで安否が確認できなかったことを明らかにした。
 システム障害は、これまでの毎日二回の架電から同一回に二月一日から切り替えるため、テスト運用したところ発生。九百十二人のうち、入院待ちや体調急変リスクが比較的高い人など五百三十七人には、二十六日午後二時半までに保健師らが電話で安否を確認した。残り三百七十五人は、システム復旧後の同日午後三時ごろの自動応答電話で安否を確認したという。
 常任委では委員が「自宅療養者にとって安否確認の電話は命綱の一つだ」と苦言を呈した。 (志村彰太)

関連キーワード

PR情報

神奈川の新着

記事一覧