もしもの時も温かいものを 乾物を使って防災食作り 19日にオンライン講座

2021年2月2日 07時32分

講師の河原みきさん

 川崎市麻生区で子育て中の母親らでつくる市民グループ「Link mama(リンクママ)」は十九日、乾物などを使った防災食の調理法講座をオンラインで開く。
 同区の「cafe Sante(カフェ サンテ)」オーナーの河原みきさんが講師を務め、戻し方が簡単な世界最小のパスタ「クスクス」などの乾物を使い、ポリ袋を活用して調理するメニューなどを紹介する。
 冬場の開催で「もしもの時も温かいものを食べたいですね」と代表の永井和美さん。炊いた後に乾燥処理をした米飯を使う「アルファ化米の乾物炊き込みご飯」など温かいメニューも用意した。
 スープを捨てることができない災害時の環境でも塩分の過剰摂取などを心配せずに安心してインスタントラーメンを食べられる方法も伝授する。
 午前十時〜十一時十五分。参加費千二百円。申し込みは十五日までだが、定員五十人に達し次第締め切る。参加者には事前にポリ袋とレシピを送る。詳細、申し込みは、リンクママのホームページで(団体名で検索)。 (山本哲正)

クスクスを使ったレシピ(いずれもLink mama提供)

関連キーワード


おすすめ情報

神奈川の新着

記事一覧