森会長の失言 菅首相「承知していない」→内容を聞き「あってはならない」 

2021年2月4日 17時01分
衆院予算委で答弁する菅首相

衆院予算委で答弁する菅首相

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が、日本オリンピック委員会(JOC)の女性理事を巡り女性蔑視とも取れる発言をしたことについて、菅義偉首相は4日の衆院予算委員会で「森会長が発言された内容の詳細は承知していない」と答弁した。その後、発言内容を紹介されて「あってはならない発言だ」と述べたものの、森会長に辞任を求めるべきだとの指摘には言及しなかった。
 森会長の問題について、まず立憲民主党の枝野幸男代表が質問した。
 
 枝野氏は、森会長が2日の自民党会合で「新型コロナがどういう形であろうと必ず開催する」と発言したことや、今回の女性蔑視発言を受けて「国民の命とわが国の国際的信用のために森会長には辞めていただく。その指導力を発揮されるべきではないですか」と菅首相をただした。
 これに対し、菅首相は「森会長が発言した内容の詳細は承知していないが、スポーツ分野においても女性の社会参画は極めて大事だと思っている」と語った。
 枝野氏が「詳細を見ましょうよ。どうにも言い訳がきかない発言で、世界に伝えられている。本当に日本人として恥ずかしい。国益を損なっています。ぜひ総理には強いリーダーシップを発揮していただきたい。森さんの首に鈴をつけられるのは総理しかいない」と尋ねた。
 これに対し、菅首相は「スポーツ分野においても女性の社会参画は極めて大事だと思っている。森さんの発言の内容の詳細を正直承知していない。ですからスポーツ分野においても女性の社会参画は大事である。このことは揺るぎないことだと思う」と繰り返した。
 この後に、立憲民主党の菊田真紀子氏が森会長の発言内容を紹介して菅首相に見解を求めた。菅首相は「森さんの発言の詳細を知らないと申し上げた。事実そうでありました」とした上で「今の発言の中で、あってはならない発言だと思っています」と答弁した。
 ただ、菊田氏があらためて森会長は辞任すべきと指摘したことについては、菅首相は「五輪は多くの国民の理解と歓迎の下でやるべきだ。そうした大会になるよう全力で取り組みたい」と述べるにとどめた。

関連キーワード

PR情報

政治の新着

記事一覧