<新型コロナ>神奈川県が「変異株専門チーム」 県内初の確認受け設置へ

2021年2月5日 06時59分
神奈川県庁

神奈川県庁

 新型コロナウイルスの変異株の感染者が神奈川県内で4日に初めて見つかったことを受け、黒岩祐治知事は、県庁内に変異株に対応する専門チームを設置すると明らかにした。変異株の調査数を増やし、濃厚接触者を特定する積極的疫学調査の範囲を広げる。報道陣に「感染者の増加につながりかねず、危機意識を持って対応する」と話した。
 県によると、南アフリカ型の感染が確認されたのは、アフリカ地域から帰国した50代女性と濃厚接触者の10代男性。女性の濃厚接触者は、ほかに5人いて2人は新型コロナ感染が分かっており、変異株かどうか検査している。(志村彰太)

関連キーワード


おすすめ情報

神奈川の新着

記事一覧