<新型コロナ>南アフリカ型変異株に2人感染 神奈川で初、50代女性と10代男性

2021年2月5日 11時06分
厚生労働省

厚生労働省

 厚生労働省と神奈川県は4日、南アフリカで拡大している新型コロナウイルスの変異株に、県内の50代女性とその濃厚接触者の10代男性が感染したと発表した。県によると、国内で南ア型の変異株が空港検疫以外で見つかるのは初めて。県内での変異株感染者の確認も初。
 女性は1月にアフリカ地域から帰国し、成田空港での検疫では陰性だったため、自家用車で帰宅した。女性は国の要請に基づく2週間の自宅待機中だった同月中旬に、10代男性は同月下旬に、それぞれ発熱などの症状が症状が出てコロナ陽性が判明。ともに2月3日に変異株の感染が分かった。現在は入院調整中。
 女性の濃厚接触者は他に5人おり、うち2人は新型コロナウイルス感染が分かっていて、国立感染症研究所などが変異株感染の有無を調べている。(志村彰太)

関連キーワード


おすすめ情報

神奈川の新着

記事一覧