<新型コロナ>茨城県では新たに56人感染、80代女性が死亡 県内の感染者5000人超える

2021年2月5日 16時03分

茨城県庁

 茨城県は5日、新型コロナウイルスに感染し入院していた80代女性が死亡したと発表した。県内の死者は計72人になった。(保坂千裕)
 また、県と水戸市は56人が新たに感染したと発表し、県内の感染者は計5034人になった。
 感染者の居住地の内訳は、水戸市10人、ひたちなか市6人、那珂市5人、常陸太田市4人など。
 那珂市の病院では、60~90代の入院患者19人と医療従事者9人の感染が分かった。すでに公表している1人を含め計29人となり、県は、病院内でクラスターが発生したとの見解を示した。
 クラスターが発生した特別養護老人ホーム「みほ」では新たに、利用者の90代女性3人の感染が分かり、感染者は計103人になった。
 鹿嶋市の高齢者福祉施設では、90代女性の感染が判明し、感染者は計10人になった。
 県と水戸市は78人が退院などしたと発表。退院者などは計4313人になった。

関連キーワード

PR情報

茨城の新着

記事一覧