昨年の納豆購入額 水戸市2位→5位に後退

2021年2月6日 07時49分

納豆の年間購入量が全国2位から5位に後退。コロナ禍で観光客が減少し、名物のわら納豆も苦戦

 二〇二〇年の総務省家計調査が五日に発表され、一世帯当たりの納豆の年間購入額で水戸市は六千六十一円と、県庁所在地別で前年二位から五位に順位を下げた。一位は昨年に続く福島市(七千二百五十一円)、二位は山形市、三位は盛岡市、四位は仙台市だった。
 水戸市は一六年に一位となったが、その後は二、三位に後退。首位を奪還するため、水戸商工会議所は昨年、納豆を使った菓子のレシピを募る「納豆スイーツコンテスト」などに取り組み、消費喚起を目指した。
 新型コロナウイルスの感染拡大により観光客が減ったことで、売り上げが減少した市内の納豆メーカーが販売する伝統製法の「わらつと納豆」の購入支援事業にも力を入れたが、順位を落とす結果となった。
 高橋靖市長は「残念な結果だが、今後も『納豆のまち 水戸』として、納豆文化を広くPRしたい」とコメントした。 (松村真一郎)

関連キーワード

PR情報

茨城の新着

記事一覧