<新型コロナ>千葉県で227人感染 成田の障害者入所施設など4件のクラスター認定

2021年2月6日 18時37分
 千葉県内では6日、新型コロナウイルスに感染していた千葉市の90代の女性、船橋市の80代の男性、富里市の70代の女性など8人の死亡と、新たに227人の感染が確認されたことが発表された。
 クラスター(感染者集団)として新たに認定されたのは4件。市川市の介護老人保健施設「エスポワール市川」では入所者33人と職員9人の計42人、成田市の障害児入所施設「不二学園」では入所者10人と職員4人の計14人、千葉市中央区の特別養護老人ホーム(名称非公表)では計9人、市川市の高齢者施設「行徳デイサービス翔裕園」では計8人の感染がそれぞれ確認された。
 既存のクラスター関連では、八街市の新八街総合病院が8人増えて54人に、千葉市の介護老人保健施設(名称非公表)が20人増えて計52人に、野田市の岡田病院が4人増えて計30人、柏市の介護老人保健施設「さかき光陽」で入所者5人の陽性が確認され計27人となった。
 千葉市は同日、無症状の感染者1人の発生届が取り下げられたと発表した。

千葉県庁

関連キーワード

PR情報

千葉の新着

記事一覧