地方局視点の「民主主義」 オンラインで13日に講演会

2021年2月9日 08時12分
 日本ジャーナリスト会議(JCJ)は「『ヤジと民主主義』から香港問題まで−北海道放送(HBC)の挑戦」と題した講演会を十三日、オンラインで開く。
 HBC報道局報道部編集長の山崎裕待(ゆうじ)さん(49)=写真=が講師を務め、日本と香港の現場から民主主義の在り方や民主化運動弾圧の問題を地方局の視点から追いかける意味と挑戦について語る。
 「ヤジと民主主義〜小さな自由が排除された先に〜」は、二〇一九年の参院選で札幌で応援演説をする安倍晋三首相(当時)にヤジを飛ばした男性らを警察官が排除した問題に迫ったドキュメンタリー。戦前、旭川であった治安維持法による生活図画事件も取り上げ、権力行使の根拠や庶民の発言手段を封殺する社会の怖さなどを問いかける。
 同作品は二〇年四月に放送され、二〇年度のJCJ賞を受賞した。また香港の民主活動家、周庭さんは北海道の大学に留学し大学院で学ぶ予定だったが、警察当局に拘束され、実刑判決を受けた弾圧問題も独自に報道してきた。
 講演会は午後二〜四時。参加費五百円。申し込みはウェブ検索「Peatix(ピーテックス) ヤジと民主主義」から。ビデオ通話アプリ「zoom(ズーム)」の配信URLは十二日にメールで連絡する。
 参加者には事前に「ヤジと民主主義」の視聴を勧める。映像はHBCの公式ユーチューブチャンネル(無料)で。問い合わせはJCJ=電03(6272)9781=へ(水・金午後一〜六時)。

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧