森会長発言に野党議員が白スーツ姿で国会に 「こんな女性蔑視許さない、示したかった」

2021年2月9日 21時20分
 東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長の女性蔑視発言に抗議するため、野党議員約20人は9日、白い服装で衆院本会議や予算委員会などに出席した。白は米国で女性参政権運動の象徴とされ、2019年のトランプ米大統領(当時)の一般教書演説の際には、民主党の女性議員が白いジャケット姿で女性蔑視に抗議の意を示した。(坂田奈央)

森喜朗氏の女性蔑視発言に抗議するため、白い服を着て衆院本会議に臨む野党議員員

 女性議員は白のスーツやシャツを身に着け、趣旨に賛同した男性議員は、白のポケットチーフなどを胸に挿した。行動を呼び掛けた立憲民主党の大河原雅子衆院議員は本会議後、記者団に「こんな女性蔑視は許さないということを示したかった」と語った。
 これに関連して、国民民主党の矢田稚子副代表らは、橋本聖子女性活躍担当相と面会。森氏の辞任や、女性差別の撤廃、男女共同参画をより推進するよう申し入れた。

関連キーワード

PR情報