子育て自転車 歩道慎重に 電動付きは便利でも… 総重量100キロ超・小回り不安

2020年1月11日 02時00分

前後の子どもにヘルメットをかぶせ、安全運転を心がけて電動アシスト自転車で走る母親=東京都内で(奥野斐撮影)

 便利な電動アシスト自転車が普及する中、前後に子どもを乗せて走る女性に2度も当て逃げされた男性の投稿が本紙朝刊発言欄に載った。幼児がいる母親からは「子育て世代がどう自転車と付き合えばいいのか知りたい」と投稿があった。自転車と親子の体重を合わせると重さが100キロを超える場合も。調べてみると、運転を誤れば重大事故の危険性もあることが分かった。 (小形佳奈)
 投稿したのは東京都世田谷区の無職前川恒久さん(75)=昨年十一月十四日掲載。直接会って話を聞いた。
 最初の被害は五年前。自宅近くの環七通りにあるスーパー前の歩道で、正面から来た電動アシスト自転車とぶつかった。歩道は買い物客の駐輪にふさがれ、通行できる幅は一メートル弱。幸い後ろの人が支えてくれたため軽い打撲で済んだ。
 二度目は昨夏。商店街で再び子連れの自転車に当てられ倒れた。「狭い歩道を飛ばす自転車には今も恐怖を感じる」と言う。
 この投稿を読んだ同区の並木朋恵さん(32)は一歳児の母親で、区が開いた「初めての子育て自転車」講座の体験記を投稿(同二十一日掲載)。「電動アシスト自転車の重さに驚いた。子どもがもう少し大きくなるまで乗るのを見送る。自転車との付き合い方を報道して」とつづった。
 講座の内容の一部を記者も体験した。
 座席前後に幼児に見立てた十キロずつのおもりを乗せた電動アシスト自転車を使い、特性や操作のこつを学ぶ。ペダルをこぐとその走りをモーターが補助するため、こぎ始めや上り坂での負担が少ないが、一方で重心が高く倒れやすく、小回りが利かない。
 斜めになった自転車を支えた際に、腕や脚にかなりの負担がかかった。前後に幼児用座席を付けた自転車本体の重さは三十キロ超。五歳児なら体重は平均二〇キロ近くなる。
 区交通安全自転車課の福島恵一係長は「親と合わせて重さは百キロを超す。急ハンドルや急ブレーキをしない運転を心がけてほしい」とアドバイスする。
 電動アシスト自転車は販売台数を伸ばす中、事故も増えている。警察庁によると、二〇一八年に起きた自転車関連事故は八万五千六百四十一件と十年前に比べてほぼ半減。しかし電動アシスト関連は二千二百四十三件と二倍に増えている。死亡事故の割合も高い。
 全国で安全教室を開く自転車安全利用コンサルタントの北方真起さん(41)は「購入前に必ず試乗し、親が一人で乗って慣れてから子どもを乗せる。死亡事故の多くが頭部損傷によるもの。必ずヘルメットをかぶせて」と呼び掛ける。
 また、道路交通法は車道での安全確保が難しい場合は自転車の歩道通行を認めているが、「車道寄りを徐行するのが決まりです」。
 自転車を選ぶ際は、一般社団法人自転車協会の安全基準に適合した「BAAマーク」、前後に子どもを乗せるなら「幼児二人同乗認証マーク」が付いているか確認を。北方さんは自転車保険の加入も勧める。

関連キーワード


おすすめ情報

ニュースあなた発の新着

記事一覧