<23区の予算案>北区 起業家育成へプロジェクト

2021年2月10日 07時10分
 「日本資本主義の父」と言われる北区ゆかりの実業家・渋沢栄一(一八四〇〜一九三一年)の志を受け継ぐ起業家を育成するプロジェクトを立ち上げる。
 起業に必要な知識や事業アイデアを具体化させる方法を学ぶ起業セミナーを開催するほか、創業や新たな事業を検討している起業家や中小企業者を発掘・育成するビジネスプランコンテストを二年に一回開く。
 セミナーやコンテストの参加者が交流できる起業家サロンも開設し、ネットワークづくりを支援する。八百八十九万三千円を計上した。
 中小企業などが店舗や事業所にパーテーションを設置する際などに補助する新型コロナ対策の設備投資支援事業を拡充。業務転換や販路拡大に必要な広告宣伝費も補助する。補助率は二分の一で上限額五十万円。予算額は八千万円。
 花川与惣太区長=写真=は「景気の先行きは不透明感が強くなっているが、中小企業の事業継続を支援していきたい」と述べた。
 一般会計が前年度を下回るのは二年連続。一般財源の減少を事業廃止など既存施策の見直し、基金、起債の積極的な活用で対応した。 (砂上麻子)

関連キーワード

PR情報

東京の新着

記事一覧