<ふくしまの10年・詩が生まれるとき>(12)言葉で橋をかけたい

2021年2月10日 07時25分
 福島・浜通りに通い、死者への思いをつづりながら、和合亮一さん(52)は教え子や親しかった人に会いに行った。話をするうちに、被災した人に今、話を聞いて記録しなくてはと感じた。震災をどう受け止めればいいのか、どう傷を受けたのか、気力をどう取り戻そうとしているのか…。再生に向け、生き残った人たちと向き合いたかった。
 インタビューは初心者。お互い泣きながら話を聞いた。聞きたい言葉を聞いた時、相手の言葉が輝いてみえた。それを帰ってすぐ詩にした。
 福島県南相馬市のクリーニング業の高橋美加子さん=当時(63)=は、電気のついていない真っ暗な町に戻り「別の生きものが住んでいるようですごく恐ろしかった」という。でも旧ソ連のチェルノブイリ原発事故の汚染地で暮らす高齢者たちの映画を思い出し「ここでいい、ここで生きていこうと思った」と語った。
 富岡町から郡山市に避難していた理容業の遠藤千代子さん=当時(67)=は、避難所で人を励まそうと声を掛けたが、みな気がめいっていて応じてもらえず、自分の存在価値に悩み思い詰めた。でもボランティアの人が「全部聞くよ」と一日中話を聞いてくれてようやく眠れ、悩んでいる人の話を聞くようになったという。「言葉には橋『言の橋』がある。よい架け橋をつくれば人と人をつなぐんだよ」
 言葉には明かりがある、人の気持ちをつなぐ力がある。震災や原発事故は福島だけの問題じゃない。自分の住む福島から言葉で橋をかけたい。和合さんはそう思った。
 ◇ご意見はfukushima10@tokyo-np.co.jpへ

関連キーワード


おすすめ情報

ふくしまの10年の新着

記事一覧