養育費不払い解消へ法制審に諮問 面会交流や共同親権も議論

2021年2月10日 18時07分 (共同通信)
 法制審議会の総会で、親が離婚した子の養育に関する家族法制の見直しを諮問する上川法相=10日午後、法務省

 法制審議会の総会で、親が離婚した子の養育に関する家族法制の見直しを諮問する上川法相=10日午後、法務省

  •  法制審議会の総会で、親が離婚した子の養育に関する家族法制の見直しを諮問する上川法相=10日午後、法務省
  •  法制審議会の総会で、親が離婚した子の養育に関する家族法制の見直しを諮問する上川法相=10日午後、法務省
 上川陽子法相は10日、離婚した親の都合で、子の健全な成長が妨げられないよう、家族法制の見直しを法制審議会(会長・内田貴早稲田大特命教授)に諮問した。養育費不払いの解消策をはじめ、親と子の面会交流、親権制度、財産分与の在り方といった離婚後の課題を網羅的に検討する。
 法務省の検討会議が昨年まとめた報告書では、母子世帯が離婚した父親から養育費を受け取っている割合は24%。養育費請求権の民法への明記や、離婚届と併せて支払いに関する取り決めを届け出る制度、不払い時に裁判手続きを取った場合の負担軽減や審理の迅速化などを提案しており、法制審でも論点となる見通し。

関連キーワード

PR情報