森喜朗会長が辞任表明「83年の歴史で本当に情けないこと言った」

2021年2月12日 16時02分
辞任表明する森喜朗会長(代表撮影)

辞任表明する森喜朗会長(代表撮影)

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は12日午後3時から、森喜朗会長(83)による女性蔑視発言への批判を受けて、評議員と理事による緊急会合「合同懇談会」を開いた。会合の冒頭が公開され、森氏は「私の不適切な発言が原因で大変混乱した。今日を持ちまして会長を辞任します」と発言の責任を取って、正式に辞任する意向を表明した。
 森氏の後任をめぐっては、森氏が日本サッカー協会元会長の川淵三郎氏(84)を指名したことが「密室」と批判を浴び、川淵氏も一転して受諾しない意向を示していることが判明。後継候補に橋本聖子五輪相が浮上している。緊急会合の中で、選考についてどのような決定がされるかが注目される。
 森氏は緊急会合での冒頭、女性蔑視と指摘された発言について「そう言うとまた悪口を書かれるが、私はそういう意図でものを言ったわけではないが、多少意図的な報道があったと思う」と報道を批判。「女性蔑視なんて言われたが、私はこの組織委員会に入ってから女性の皆さんをできるだけ称えてきた」と強調した。
 一方で「この一言でこうなったということは、私の不注意があったのかもしれないが、長い83年の歴史の中で本当に情けないことを言ったものだと思って大変皆さんにご迷惑をおかけした」と述べた。
  
 また国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長らと11日に電話会談したことを明かし「是非遅滞のないように運営していかねばならないと思った。私がいる限りご迷惑をかけるということでは、努力がまったく無になる。新しい会長にリーダーシップをとっていただいた方がいいだろうと思いを致した」と辞任に至った心境を語った。
 次期会長については「後継者の選定をどうするかの取り計らいがあると思うが、皆さんの率直な意見をいただきたい」と語った。
 会合は1時間半の予定で行われ、終了後には組織委が記者会見を予定している。
 森会長は3日の日本オリンピック委員会(JOC)の臨時評議員会で、「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」などと発言。4日に「五輪・パラの精神に反する不適切な発言だった」と謝罪し、発言を撤回したものの、批判はやまず、11日に周囲に辞任する意向を示していた。

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧