加藤官房長官「透明性を」 森会長の後任人事、「密室」幕引き批判に

2021年2月12日 12時06分
加藤勝信官房長官

加藤勝信官房長官

 女性蔑視発言を受けて辞任の意思を固めた東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)の後任人事について、加藤勝信官房長官は12日の記者会見で「公益財団法人として、透明性のある形で対応すべきだ」と述べた。
 引責辞任する森氏自らが、後任として日本サッカー協会元会長の川淵三郎氏(84)を指名したことについて、「密室」で幕引きを図ろうとしているなどと、批判が出ていることへの質問に答えた。
 加藤氏は森氏の後任について川淵氏が後任となる方向である現状については「報道は承知しているが、組織委から正式な発表がない。午後3時から開催する理事会と評議員会の合同懇談会の動向を政府として見守っている」と述べるにとどめた。

関連キーワード

PR情報

政治の新着

記事一覧