<新型コロナ>千葉県で新たに127人感染 9人が入院先の病院で死亡

2021年2月12日 19時08分
千葉県庁

千葉県庁

  • 千葉県庁
 千葉県内で11日、新型コロナウイルスに感染した9人の死亡と新たに127人の感染が発表された。
 亡くなったのは浦安市の80代男性、いずれも居住地非公表の90歳以上の女性と80代の男女各1人、いずれも千葉市の70代男性、80代女性、90代女性。居住地、性別、年齢全て非公表の2人。9人とも入院先の病院で死亡した。浦安市の男性はクラスター(感染者集団)が発生した同市内の順天堂大浦安病院の入院患者だった。千葉市の女性2人は、別々のクラスター(施設名非公表)関連の感染者だった。
 直近1週間(5日~11日)の感染者は1112人で前週(1月29日~2月4日)の1701人を600人近く下回り、3週連続で減少した。一方、死者は49人で前週の54人より微減も依然多い。病床稼働率も69.6%(11日現在)と高く、医療提供体制の逼迫ひっぱくは続いている。

関連キーワード

PR情報

千葉の新着

記事一覧