高齢男性が刺され死亡、同居の長男が行方不明に 千葉県柏市

2021年2月16日 19時46分
千葉県警

千葉県警

 16日午後零時15分ごろ、千葉県柏市塚崎の2階建て住宅で「男性が血だらけで倒れている」と110番があった。柏署員が駆けつけると、高齢の男性が1階居間で血を流して倒れており、搬送先の病院で死亡が確認された。死亡したのは、この家に住む90代の男性とみられ、県警は殺人事件として捜査。同居している50代の長男の行方が分からなくなっており、何らかの事情を知っているとみて調べている。
 県警によると、死亡した男性の背中には刃物で刺されたような傷があり、室内からは凶器とみられる血の付いた刃物が見つかった。
 住宅は男性と80代の妻、長男の3人暮らし。妻と知人が外出先から帰宅した際、男性が倒れているのを発見。知人が通報した際、長男は住宅にいたが、署員が現場に到着する前に姿が見えなくなった。

関連キーワード

PR情報

首都圏ニュースの新着

記事一覧