平井一正さん死去 登山家、神戸大名誉教授、システム制御工学

2021年2月17日 07時17分
 平井一正さん(ひらい・かずまさ=登山家、神戸大名誉教授、システム制御工学)15日死去、89歳。通夜は17日午後7時から、葬儀・告別式は18日午後1時から京都市中京区上樵木町503の1、セレマかもがわホールで。喪主は長女広瀬由仁子(ひろせ・ゆにこ)さん。
 58年、京都大学士山岳会の遠征隊としてカラコルム山脈中央部の未踏峰チョゴリザ(7654メートル)の初登頂に成功。その後も遠征隊長などとして、無事故で数々のヒマラヤ山脈初登頂成功に貢献した。

関連キーワード

PR情報

おくやみの新着

記事一覧