自民・白須賀氏が緊急事態宣言中に女性と高級ラウンジ訪問し離党へ 次期衆院選出馬も断念

2021年2月17日 16時09分

自民党へ離党届を提出後、記者の取材に答える白須賀貴樹衆院議員 =17日、東京都内で

 自民党の白須賀貴樹衆院議員(45)=千葉13区=が緊急事態宣言中の今月10日夜に、女性と東京都内の高級ラウンジを訪れていたことが17日、分かった。白須賀氏は離党し、次期衆院選への出馬を断念する意向を固めた。関係者が明らかにした。
 週刊文春が17日、ウェブサイトで報じた。それによると、白須賀氏は10日午後6時すぎに東京・赤坂のフランス料理店に女性と一緒に入り、午後8時20分ごろまで滞在した。その後、タクシーで麻布十番に向かい、午後8時半すぎに同じ女性と会員制の高級ラウンジに入店。午後10時までいたという。

自民党へ離党届を提出後、記者の取材を受けて頭を下げる白須賀貴樹衆院議員 =17日、東京都内で

 自民党幹部は「離党は不可避だ」と述べた。
 白須賀氏は関係者に離党と、次期衆院選に立候補しない考えを伝達した。国会内にある白須賀氏の議員事務所の秘書は「本人は在室していない。何もコメントできない」としている。
 白須賀氏は2012年衆院選で初当選し、当選3回。細田派所属で、党厚生労働部会長代理や文部科学政務官を歴任した。(共同)

関連キーワード

PR情報

政治の新着

記事一覧