<新型コロナ>茨城県では新たに26人感染、1人死亡 つくばの病院でクラスターか

2021年2月17日 18時52分

茨城県庁

 茨城県と水戸市は17日、新型コロナウイルス感染症で県内の医療機関に入院していた90代男性が死亡したと発表した。県内の死者は計100人になった。また、県と水戸市は新たに26人が感染したと発表した。感染者は計5437人になった。(保坂千裕)
 感染者の居住地の内訳は、つくば市7人、坂東市6人など。
 これまでに1人の感染を公表しているつくば市の病院では、新たに入院患者4人と医療従事者2人の感染が判明。県はクラスター(感染者集団)の可能性は否定できないとした。
 坂東市の事業所は、新たに7人が感染し、感染者は計22人になった。この事業所の所在地を「県内」としてきたが、今回、市町村名を明らかにした。
 県内の病院(所在地非公表)では医療従事者1人が感染し、計22人になった。
 県と水戸市は49人の退院などを発表。退院者などは計4901人になった。

関連キーワード

PR情報

茨城の新着

記事一覧