茨城、独自の緊急宣言を23日解除 5日前倒し 

2021年2月22日 19時54分
茨城県庁

茨城県庁

  • 茨城県庁
 茨城県の大井川和彦知事は22日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて県独自に発令していた緊急事態宣言を、28日の期限を待たずに23日付で解除すると発表した。
 独自の宣言は先月18日に発令し、今月8日から3週間延長。新型コロナ特措法に基づく国の宣言対象都府県と同様、外出自粛や飲食店の営業時間短縮を要請していた。
 解除基準として示していた①直近1週間の1日平均の新規感染者が60人以下となり、かつ減少傾向にある②使用中の病床が185床以下―を21日時点で満たしたため、解除に踏み切った。(宮尾幹成)

関連キーワード

PR情報

新型コロナの新着

記事一覧