水戸の梅まつり 来月1日に開幕 筑波山梅まつりは今月26日から

2021年2月23日 07時10分

次々にかれんな花を咲かせている梅=水戸市の弘道館で

 茨城県独自の緊急事態宣言が二十三日に解除されることを受け、初めて開幕が延期された「水戸の梅まつり」の実行委員会は二十二日、三月一日から開催すると発表した。
 水戸の梅まつりは、十三日に偕楽園や弘道館(いずれも水戸市)で開幕予定だったが、当初は七日までだった宣言の期間が延長され、実行委が事前に策定していた開催の可否に関するガイドラインに基づき延期されていた。
 延長期間が今月二十八日までだったことや、警備など人員の準備に時間がかかることから来月一日の開幕とした。まつりの期間は予定通り来月二十一日まで。
 実行委事務局がある水戸観光コンベンション協会の加藤高蔵会長は「感染症対策を徹底していく。咲き誇る梅の花を楽しんでほしい」とコメントした。
 一方、同じく今月十三日に開幕が予定され、延期されていた「筑波山梅まつり」は、二十六日から来月二十一日まで開催される。 (松村真一郎)

関連キーワード

PR情報

茨城の新着

記事一覧